働き方改革

働き方改革行動憲章

第2期働き方改革行動憲章

株式会社 小池組 のSDGsの取り組み

1. SDGsに達成に向けた宣言書

SDGs達成に向けた重点的な取組と2030年に向けた指標

  • ​エコアクション21の活動に基づく、省エネ・省資源、CO2排出量削減

  • 喫煙による健康被害を減らすために、社員の禁煙計画を実施する

  • 女性の活躍を推進することにより、社会的に不足する女性雇用の機会を提供する

SDGsに達成に向けた宣言書(要件1)

2. 具体的な取組

  • 具体的な取組要件2PDFをご参照ください

SDGs達成に向けた具体的な取組(要件2)

アルクママーク

長野県SDGs推進企業に登録しまし

 

​私たちは、全社を挙げて健康づくりに取り組み、心身共に元気な職場《健康企業》を目指します。

  1. 全従業員が定期検診を受診し、健康課題の改善に努めます

  2. 従業員の心と身体の健康づくりに向けた取り組みを行います

  3. 従業員へ健康保持増進に関する研修や情報提供を行います

  4. 健康づくりの取り組みを通じ、従業員同士のコミュニケーションを促進します

  5. ​協会けんぽと連携し、健康づくりを推進します

《取り組む内容》

  • 定期健診受診結果が要精密検査の職員全員に再検査を義務付け、再検査の結果を提出してもらいます

  • ​タバコの体への悪影響を周知し、喫煙率の低下を目指します

株式会社 小池組

平成30年7月31日

健康づくりチャレンジ

健康づくりチャレンジ宣言書

株式会社 小池組  一般事業主行動計画

社員が仕事と家庭生活を両立させることができ、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにする為、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

令和3年1月1日~令和5年12月31日まで

2. 当社の課題

労働者の高齢化による将来的な労働者不足

課題詳細

労働者に占める女性労働者の割合が低い。

工事部技術者のひと月あたりの残業時間の増加

3. 定量的目標

令和5年12月31日までに労働者に占める女性割合を15%以上にする。

令和5年12月31日までに工事部で働く女性割合を5%以上にする。

令和5年12月31日までに職員全員の有給取得率を60%以上とする。

4. 取り組み内容・対策

令和2年12月~

社長による女性の活躍推進を宣言(社内掲示により宣言を見える化)

令和3年1月~

女性の就業環境の問題の洗い出し(特に現場)

短時間勤務制度、フレックスタイム制、テレワーク等柔軟な働き方の検討、看護休暇の時間単位での取得の検討

令和3年1月~

ハローワーク求人広告・ホームページ求人広告(建設業の魅力をPR)

令和3年1月~

復職に向けたサポート環境の整備

建設キャリアアップシステムの活用(就業履歴の蓄積による能力評価が復職への意欲に)

令和3年1月~

働き方改革の更なる推進

(i-construction等の取り組みにより生産性向上と残業時間の平準化を目指す。)
短時間勤務制度、フレックスタイム制、テレワーク等柔軟な働き方の制定
看護休暇の時間単位での取得の導入
意識面での講習の受講(ハラスメントの未然防止や女性を特別扱いしないこと等) 

令和3年4月~

新卒の求人に女性を含める

令和3年6月~

年次有給休暇取得予定を掲示し、取得促進に取り組む
現場における快適トイレや更衣室、女性専用休憩室の設置
女性に配慮した作業服、保護具・工具等の導入

令和4年4月~

715042_edited_edited.jpg

一般事業主行動計画

女性の活躍を推進していきます!!

小布施マラソン
暑気払い
忘年会